PNSペア決めが辛い人へ

看護
ミレイ
ミレイ

こんにちは、ミレイです。

みなさんの勤めている病院はPNSを導入していますか?

PNSってなんやねんって方はこちらから順番に読んでみてください。

知っているよ!って方は飛ばして「PNSペア決め辛い」から読んでみてください。

PNSとは

・PNS【パートナーシップ・ナーシング・システム】とは、看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的とし、2人の看護師が良きパートナーとして、対等な立場で、お互いの特性を活かし、相手を補完し合う看護提供方式。

・看護師は毎日の看護のケアを始め、委員会活動、病棟内の係りの仕事に至るまで、1年間を通じてパートナーとして、成果と責任を共有する。

2009年に福井大学医学部付属病院看護部で開発されてから、他の病院でも導入が進んでいる体制です。

私が以前勤めていた病院でもPNSを導入し始めており、そのような体制で働いていました。

PNS:メリット

・体位変換・保清などが2人で行えるので効率が良い

・新人さんや年数の若い看護師は先輩とペアになるため相談できる

・先輩の仕事を身近でみて学ぶことができる

・仲がいいスタッフと組むと協力してできる、コミュニケーションも取りやすいので最高

・点滴や内服などのWチェックがしやすい

実際にPNSでしか働いたことがないのでこのくらいしか浮かびませんでした。

PNS:デメリット

・忙しいと結局分担業務になってしまい個人で動いている

・先輩が苦手な人だと聞きずらい、仕事がやりづらい

・新人や年数の若いうちは先輩とペアを組めるが自分の年数が上がってくると毎日新人や若いNSとペアになるためプレッシャーがある

・それぞれのペアによって力量が違うため仕事が終わるペアと終わらないペアがある

・実際にペアになった人とほとんど一緒に活動していない

これは私も調べているうちにわかったことですが、本来はPNSは新人を人数にカウントせず「フレッシュパートナー制」として先輩同士のペアに3人目として入ってもらう形が一般的のようです。

しかしながら人手不足という状況のためなのか、体制がなんちゃってなためなのか新人と先輩というペアで仕事をしていたのが現状です。

名前ばかり先行しているPNS・・・。というのがやってみたスタッフからの本音です。

PNSペア決め辛い

タイトル通りです。

これはやった人にしかわからないなんともいえない辛さ。

いわゆる人気投票ってやつですね・・・( ^ω^)泣

この時期になると私も「PNSペア決め」って毎回検索かけてみんなどうやっているの?何書いているの?と思っていました。

ペア決めって何?っていう方のために簡単に説明します。↓

毎年2月~3月にかけて来年度(4月)からのペアを決めます。(いつやるかは病院によって違うとは思いますが)

主に「自分とは違う面を持った人、この人の〇〇が尊敬できる、この人と自分がペアになったらこんなメリットがあるよ」というのをお互いにアピールし、スタッフと両想いになったらペアが決定!!という流れです。(自分の長所、短所を書く項目も途中から追加されました。)

事前に用紙が配られて2~3人候補のペアを選び、PNSペア決めの際にみんなの前で発表する。

すごく雑な説明ですが、実際はこんな感じです。

この時期になると病棟中がそわそわしだします。

実際全員が両想いになってハッピーエンドの展開にはならないのでね。

いくら「お互いの違った面を活かしてペアになる」という前置きがあったとしても実際には苦手なスタッフがいたり、この人とペアになるのはな・・・ってこともあると思うので(人間なのでね)なんだか気まずい制度だなと思います。

過去に誰からも選ばれなくて「なんで私こんなに頑張っているのに選ばれないの?おかしくない?」と騒いでいたスタッフもいました。

実際に私も病棟異動してからは2、3年くらい誰からも指名がなかったり、指名していい感じになっても却下されたりと悲しい展開もありました。やっぱり人気投票なんだ・・・ってね。

みんな私のこと嫌いなのかなとか、

否定的に考えてしまうこともあるんですよね。

数年経ってからは少しずつ名前が上がるようになって嬉しかった部分もありました。

後輩がこんな風に私のこと見てくれるんだ、認めてくれる人がいるんだと。

でもその陰で選ばれなかった人は昔の私みたいに悲しい思いをしているのかなと思うとすごく複雑でした。そんな人がひとりでも減ってくれたら嬉しいのが本音。

MCナースネット|看護師のバイト・派遣・求人支援サービスサイト
看護師の求人支援サービスサイト 派遣・バイト・単発スポットなら友人紹介実績業界 No.1 の【MC-ナースネット】妥協しないお仕事探しをサポート。面接から入職後まで徹底フォロー

選ばれることが全てではない

PNSで選ばれなくて辛いと思っていた私でしたが、実際は誰かに選ばれるために働いているわけではありませんしそれが全てではないと思っています。

悪い面ばかり書いていますが、両想いになれなかった際は周りが自分の長所や短所を踏まえてこの人が合うのではないかと意見をくれることもあります。

長所・短所を書く項目ができてからは少しだけやりやすくなりました。

自分の知らなかった面を誰かがみてくれていることもあります。

私は極度の心配性ですが、その短所を長所ととらえている方もいて面白いなと思うこともありました。

実際に他の方からの意見でペアになった方と相性がよかったこともありました。

「選ばれない人は反省してください」という上司がこの世にはいるみたいですが、みなさん心配しないでください。大丈夫です。全力で無視してOKです。

たったひとつの病棟での出来事なので、他に異動したら合う人もいるだろうし、逆に合わない人もいるかもしれない。極端な話、この制度が変わらないならPNSが導入されていない病院に逃げたっていい。

私がこの記事を書こうと思ったのは自分も選ばれなくて悲しい経験をしてきたからです。

そんな私と同じように思っている人の少しでも希望になれたらなと思って書きました。

過去の自分が検索したら少しは気持ちが楽になったかもしれませんね。

コメント

  1. […] PNSペア決めが辛い人へ […]

タイトルとURLをコピーしました