妊活中の妻が選ぶ【夫と一緒にみたいドラマ3選】

LIFE×WOMAN
この記事はこんな内容です

・妊活の辛さをなかなかパートナーに言葉で伝えられない時にドラマのキャラクターを通して少しでも気持ちが伝わればいいのになあという願いこめて選びました。

・夫婦で今後について考えるときの話のきっかけになるドラマを選んでいます。

『セブンテイウイザン』ありえない設定の中にもリアリティを感じる奇跡の物語 

あらすじ

もうすぐ70歳を迎えようとしている

子なし夫婦の朝一(あさいち)と夕子(ゆうこ)。

定年を迎えた朝一(夫)が帰宅すると

夕子(妻)より妊娠を告げられる。

なかなかの衝撃展開から始まるこの物語ですが

それまでに二人の歩んできた

苦悩の過去が背景にありました。

妊娠報告を受けた朝一は

公園でお酒を飲みながら過去を思い出します。

夫(朝10<br>
夫(朝10

妊娠が嬉しくないわけではない。

ただ期待しなように

必死で気を紛らわせている。

本当に怖いだのだ…

また期待を裏切られることが…

若かりし頃の二人の様子が思い起こされます。

期待していたところに訪れる妻の「生理」の報告。

夕子(妻)に「そうか、また頑張ろう…」と励ます朝一の描写があります。

夫(朝一)
夫(朝一)

昔は不妊に対する医療技術も

医者のモラルもお粗末だった。

夕子(妻)にこんな思いを

させるのは耐え難かった。

時代背景からも

現在とは違い

不妊治療に対する理解や

治療法が確立されておらず

ふたりの苦悩が描かれる

場面があります。

この物語は妊娠・出産だけでなく

妊活・不妊治療に悩む夫婦にも

刺さる内容だと思います。

夕子
夕子

赤ちゃんはママを選んで

生まれて来るのでしょうか? 

私にはそうは思えません。

選ばれなかったから

生まれなかったわけではないし

選ばれたから生まれてきたわけでもない。

子どもは生きたくて生まれてくる。

( セブンティドリームより)

周りからの妊娠への期待の圧や

身近の友人が妊娠していくなかで

感じた黒い感情を溶かしてくれる

そんなセリフに読みながら涙しました。

2021年にNHKでドラマ

「セブンティウイザン 70才、初めて産みます」

で放送されました。

朝一役に小日向文世さん

夕子役に竹下景子さんが演じています。

個人的に小日向さんの演技が

好きなので素敵な配役だなと思いました。

2021年6月現在放送は終了してますが、

U-NEXTで見ることが

できたのでおすすめです。

31日間の無料トライアルで

見放題+ポイントが600ポイント無料

でみれました!!

こちらは見放題の対象ではありませんが、

私はポイントで一部視聴させてもらいました。

U-NEXTは漫画も見れるので

どちらでも楽しむことができました!!

\無料トライアルはこちらから登録/

『コウノドリ』産科医の目線から命を授かる素晴らしさを描いた感動秘話

あらすじ

あるときは冷静な判断と

患者に優しく寄り添う産婦人科医、

またある時は情熱的で

謎多き天才ピアニスト鴻鳥サクラ。

搬送されてきたさまざまな事情を持つ

妊婦、家族を含めたケアに

産婦人科医師、看護師、

小児科医、救命医などにも

焦点をあて奮闘する様子が描かれ

出産に悩むすべての家族に向け

さまざまな立場からの心情

出産のリアルを描いた感動物語です。

「出産は病気ではない。

だから皆幸せなものだと

思い込んでいる。

多くの妊娠出産を見れば見るほど思う。

出産は奇跡なんだ。」っていう

サクラ先生のセリフが一番印象的です。

妊娠・出産は幸せなもの、安定期に

入れば無事に産まれてくるのが

当たり前と思っている人もいるでしょう。

しかしながらこのドラマは

幸せな場面だけでなく

過酷な現場・家族の悲痛な思い

といった表にはあまり語られない

場面も多くあり胸を打たれます。

私たちが今ここにいることも

奇跡なんだなと思わせてくれる

感動のドラマです。

原作は漫画ですが、2015年には

綾野剛さん主演でドラマ化しています。

先日結婚された星野源さんも

クールな役どころで出演しており

当時リアルタイムでみていました。

歳を重ねて違う立場からみるドラマは

また違う目線でみれること間違いないです。

ドラマ観るなら<U-NEXT>

視聴することができます。

\無料トライアルはこちらから登録/

ドラマではありませんが…

Q子宮内膜症だと妊娠するのは、むずかしい?

Q「適度な運動」ってどのくらい?

などの疑問にも答えてくれてくれる

この本もおすすめです。

こちらの本もオススメ

『隣の家族は青くみえる』今ある幸せを実感できる物語

あらすじ

結婚5年目、家の購入を機に妊活をスタートする

『子どもが欲しい夫婦』五十嵐夫婦(役:深田恭子・松山ケンイチ)、

子どもがほしくない杉崎ちひろとバツイチの川村亮司の

『子どもをつくらないカップル』(高橋メアリージュン・平山浩行)、

『男性同士のカップル 』(北村匠・眞島秀和)、

『幸せを装う夫婦』小宮夫婦(野間口徹・真飛聖)

の4組の家族がコーポラティブラハウスで

秘密や悩みを隠しながらも葛藤し成長していく物語。

五十嵐夫婦(深田恭子・松山ケンイチ)は

家の購入を機に子作りをスタート。

しかし簡単には子どもは授からず…。

2人より先に大器の妹の琴が妊娠します。

3話では琴の胎動をみんなで

喜ぶシーンがあるのですが

奈々は正直複雑な

気持ちになったことを

夫の大器に伝えます。

3話ラストで奈々が

「あの時(琴ちゃんの胎動があった時に)

喜んであげられなかったんだよね。

そんな自分が嫌だった。」

「治療をはじめてだんだん自分が

嫌になって辛い」

というセリフが自分にも

重なる部分もあり

本当に泣けました。

3話は夫の大器のセリフにも

注目してほしいです。

6話の奈々と義理の母( 高畑敦子)

とのやり取りも

涙が止まりませんでした…。

また大器を通して

男性側の気持ちも

このドラマを通して

知ることができました。

子どもを授かることがどんなに

大変かを痛感しつつも

妊活・不妊治療に立ち向かう

夫婦の姿に勇気をもらえます。

そして今ある幸せを

大切にしたくなるそんな物語です。

TVerで月・水・金で現在配信が開始されました。

(2021年6月現在)

私は続きが気になったので

2週間の無料期間を利用して

FODで全話みました。

登録はこちらからできます↓

これを読んでくれた方へ

最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

妊活はなかなかデリケートな話で

身近で相談できる人は

あまりいないのが現実です。

頑張った分だけ結果が

ついてくるものでもないので

それぞれ治療の状況や年数は違えど

先が見えなくて辛い思いもします。

夫婦でもお互い思ったことを

言えなかったり

理解し合えなかったりと

あると思います。

ドラマを通して夫婦で話す

きっかけになればいいなと思います。

「嬉しいことや楽しいことは誰とでも

共有できるけれど辛いことや悲しいことは

大切な人としか共有できないんじゃないの?

という6話の義母 (高畑敦子)のセリフの通り

私も夫婦で辛さや悲しさを乗り越えながら

生きていきたいなと思います。

皆に幸せが訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました