看護師1~3年目の役割・責任ってどんな感じ?

看護

このブログはこんな方におすすめ!!

・看護師の年数ごとの役割を知りたい

・責任が重くなるっていうけど年代別にどんな感じか知りたい

・1年目~3年目の看護師の気持ちを知りたい

看護師は年々経験を積むごとにできることが増えていきますが、

その分責任も重くなる仕事でもあります。

7年病棟で勤めた私に経験から年代別の役割と責任をゆるーくご紹介します。

新人(1年目)

毎日出勤するだけでも十分の役割は果たせているかと私は思います。

毎日勤務しているそこのあなた偉いです!!

もちろん人の命を預かる仕事なので新人もベテランも関係なく責任はありますが、新人は初めてのことばかりで、できないことばかりなのも事実。

まずは先輩に「できること」「できないこと」を意思表示できることが大切です。

できないのにできるふりをしていることがもっとも恐ろしいです。

実際にわからずにやってみて怒られるだけならいいですが、

命にかかわることもあるのでそこを踏まえて行動できることが大切だと思います。

2年目

2年目は先輩の目も少し離れて少し自由になる時期です。

仕事もできることが増えてプライベートも充実していくる時期で最高でした。

大きな係はまかされませんが、新人さんの相談役になっていた時期でした。

あとは委員会活動がない代わりに病棟の新年会や忘年会の幹事も任されたりしやすい気がします。

仕事の面では先輩からの目が離れる分少し調子に乗りやすい子も出てくる時期でインシデントが多発したり、案外まだ一人ではできないのだなと思い知らされる時でもあります。

しかしマイナス面ばかりではありません。

業務をだいぶこなせるようになるため疾患の勉強や患者さんへの対応などにも少し余裕が出てくるので少しずつ勉強が楽しくなる時期でもありました。当時は外科にいたのでストマのことを知るのが少し楽しかったです。

3年目

ようやく技術も知識も身について一人で動けるようになってくるのが3年目。

しかし3年目ともなると新人担当になるのがお決まりで、徐々に役割が増えてくるのもこの時期。

新人担当+委員会活動など役割や責任が増えてくるのもこの3年の特徴。

私はちょうど部署異動+新人担当+委員会活動があり辛かった時期でもあります。

新人担当は新人の指導をするわけではなくメンタルフォローをする役割なのですが、実際は先輩から「新人さんこれできなかったよ、指導どうなっているの?」「新人さんこんな態度なんだけど、どうなの?」と指導面のことを先輩から突っ込まれたりして新人と先輩の板挟み状態になるものでした。

新人さんを育てていくのは大変であること、自分もこんなふうに先輩たちに想われながら関わっていたのだなど思ったものです。

まとめ

ミレイ
ミレイ

年代ごとに役割や責任が変わってきます。

新人のときは新人なりの苦労があったかと思いますが

年数があがり自分が教育する立場になるとあの頃の

先輩はこんな気持ちで指導していたのかなと思えます。

コメント

  1. […] 1~3⃣年目までの体験談記事はこちら👆 […]

タイトルとURLをコピーしました