youtuberのシオリーヌさんから学ぶ 「性」の知識【CHOICE感想】

LIFE×WOMAN

今回は助産師であり、youtyuberであるシオリーヌさん(大貫詩織さん)のCHOICEを読みました。

いつもyoutybeを拝見している方の本なのでとても楽しみでした。

私は看護師ではありますが、母性に関する知識は学生時代で学んで以降は得ていないのでとても参考になる本でした。

・性教育についての知識を学びたい

・自分に起こる身体の変化がわからない

・パートナーにもお互いの身体のことについて知ってほしい

・学生にも性教育本を読んでみてほしい・おすすめしたい

こんな方はぜひ読んでいただきたい1冊です。

まずは本のタイトルと表紙が手にとりやすい!!

学生でも気軽に購入しやすくなっていて素敵だなと思いました。

自分が学生の頃に欲しかった…。と思いました。

私が学生の頃は漫画や周りの同級生・先輩からしかそういった知識を得ることができませんでした。それが全て正しい知識ではなかったですが、知るすべがありませんでした。

もちろん小学校での性教育もありましたが、男女に分けられて女子は生理と妊娠の説明を受けたのみできちんと学べたのは看護学校に入ってからの母性の授業くらいでした。

私は今回初めて電子書籍で購入しました。

ページ各所にQRコードがありシオリーヌさんの動画に飛べるのも良いと思いました。

本が苦手な方は動画から導入していってもいいかもしれませんね。

第1章~第3章までの構成で、1章は「性のギモン1 私たちのカラダって、実際どうなってるの?」では思春期について生理や低用量ピル、射精や包茎について、婦人科や泌尿器科について書いてあります。

私は生理痛がひどかったこともあり20代になってから初めて婦人科に行き子宮内膜症と診断されてからはピルを内服していましたが、どういったことをするのか知らずに病院に行くのはなかなかハードルが高いと思います。

この本では婦人科や泌尿器科ではどんなことを聞かれるか、どんな時に受診したらいいかも記載されているため初めての人にもハードルが下がるし安心して受診できるかなと思える内容になっています。

第2章では「性のギモン2 パートナーと安心しあえる関係を築くには?」では性的同意のハナシ、避妊法のホント、子宮頸がんについてなどの内容が書かれています。

今回この本を購入したのは結婚を機にパートナーと今後どのように関わったらいいのかヒントを得たいという思いもあったので購入しました。

私は夫とお付き合いする時から生理についてや性行為については話していました。

話をよく聞いてくれる夫なので大変ありがたいですが、性別が違うことや知識の違いからなのか理解してもらうのは難しいと感じる部分も多くありました。

一緒に暮らし始めて生理で辛い日はテンションが低い私をみて「なんか自分もテンションが下がる。」「痛がっているのを見ていて辛い。」とパートナーとしていろいろと思う部分もあるようです。

女性ホルモンの影響でメンタルや身体のバランスを崩すのは仕方ないと思っていますが、無理して笑顔でいるのも辛いし、相手を心配にさせるのも辛いなと思う部分もあり関わり方に難しさを感じる部分も多くあります。

また妊娠を希望しているため病院で検査を一緒に受けてほしいけれど、「まだいい。」「自然にできると思う。」という認識があるようで、これ以上話ずらい…と思う部分もありました。

そんな時にこの動画をみて夫と一緒にみてみようかなと思いました。

(99) 大事な人だからこそ話しづらい?パートナーとの性の話【#NoBagForMe】 – YouTube

また今回本を読んでみて「私のことを理解してほしい」と思っていた部分が強くて男性のことを自分があまり理解していない部分もあったのかなと考えることができました。少しずつ男性のことも理解して夫婦で歩み寄っていけたらなと思います。

第3章では「性のギモン3 自分らしく生きるってどういうこと?」では自分らしさ、自分らしい性のあり方などといった内容が書かれています。この章の最後にある「人生を、自分の意志で選びとろう」という項目に「性」の知識はあなたの意志決定を助けてくれるという言葉があります。この知識があることで今後何歳までに妊娠したい、子どもを何人産みたい、職場復帰はいつにしようとライフプランを考えられるのだと思いました。

今回こちらの本を読んでみてどちらかというと学生向けなのかなと思っていましたが、改めて生理ついてや男性の身体の変化について知ることができ大人が読んでも学びになる本でした。

また生理用品などもなんとなく選んでいましたがこちらの本をみて知らなかった商品などもあり使ってみたいなと思えました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました